コンテンツ:摂食障害を理解するために:拒食症・過食症が治る方法

以下は、このブログのコンテンツです。
興味がおありのところをクリックしてくださいね。

★摂食障害(拒食症・過食症)とは何か

摂食障害とは、どんな病気なのでしょうか?

拒食症(神経性無食欲症)とは、どのような病気なのでしょうか?
・拒食症の条件@病的なやせ・病的な痩せの判断基準
・拒食症の条件A肥満恐怖・やせ願望
・拒食症の条件Bボディイメージの歪み(ゆがみ)
・拒食症の条件C生理がなくなる


過食症(神経性大食症)とは、どのような病気なのでしょうか?

・過食症の条件@押さえられない過食衝動と過食
・過食症の条件AとB肥満恐怖・自分に課す体重制限と不適切な問題行動

摂食障害(拒食症・過食症)は治るのか?
・摂食障害(拒食症・過食症)治療の性質
・摂食障害(拒食症・過食症)は治さないといけないのか?
・摂食障害(拒食症・過食症)の高い死亡率と、死亡する理由
・摂食障害(拒食症・過食症)の身体への影響
・摂食障害(拒食症・過食症)の心へ及ぼす影響・精神的な問題

★摂食障害(拒食症・過食症)の原因

摂食障害の原因:なぜ、拒食症になったのか?
・拒食症の原因@親の育て方が理由か?
・拒食症の原因A社会やマスコミの影響
・拒食症の原因B性格の問題・人格の未熟さ

過食症の原因@体の問題
・過食症の原因A心の問題

★摂食障害(拒食症・過食症)の子供に関わる親・家族の心構え

摂食障害(拒食症・過食症)の子供に関わる家族の心構えのポイント
・摂食障害(拒食症・過食症)の子供とどう接するか@摂食障害を理解する
・摂食障害(拒食症・過食症)の子供とどう接するかA心にゆとりを持つ

★摂食障害(拒食症・過食症)における3つの心:
病気の心、パーソナリティの問題に基づく心、本当の自分の心

摂食障害(拒食症・過食症)の人の心を理解するための視点
・ダイヤモンドの心を引き出す事が治療の本質:
 摂食障害(拒食症・過食症)患者さんの「本当の自分の心」


摂食障害(拒食症・過食症)患者さんの「病気の心」が問題な理由
@ボディイメージの歪み:摂食障害患者さんの病気の心
A肥満恐怖から生まれてくる思い:摂食障害患者さんの病気の心
B摂食障害(拒食症・過食症)患者さんの病気の心と身体の関係
・飢餓状態の第1段階(ナチュラルハイ) 
・飢餓状態の第2段階(病的な思考が強まる
・飢餓状態の第3段階(異常を自覚する) 
・拒食症のときのおなかの感覚(空腹感・満腹感の機能麻痺)
・湖面の波紋の原理:拒食症における食事全量摂取の大切さ

本当の自分の心 VS 病気の心:摂食障害(拒食症・過食症)
・摂食障害の娘の「病気の心」に対して母親は何を言えばいいか

自己否定の心:摂食障害における「パーソナリティの問題に基づく心」 
・自立への不安:摂食障害における「パーソナリティの問題に基づく心」 

★摂食障害(拒食症・過食症)が治るとはどういうことか

摂食障害(拒食症・過食症)が治るとはどういうことか?:摂食障害治療のゴール

@生命的な危機を回避する:摂食障害治療の第1段階
A体重を回復させ、健康な身体を取り戻す:摂食障害治療の第2段階
B拒食・過食・嘔吐などの食行動異常をなくす:摂食障害治療の第3段階
C摂食障害の病気の心性をなくす:摂食障害治療の第4段階
D摂食障害につながったパーソナリティの心の問題を修正する:摂食障害治療の第5段階

★摂食障害(拒食症・過食症)の治療論
(1)心理教育


摂食障害治療論の段階的取り組みの意義:全く新しい治療法

・心理教育で摂食障害治療への動機付けを与え、治療への希望を与える

 ・心理教育のポイント@論理性
 ・心理教育のポイントA情熱

★摂食障害(拒食症・過食症)の治療論
(2)ダイヤモンドの心を信じる


治療の前提条件:ダイヤモンドの心を信じる
治療者自身が自分の絶望と戦うこと

★摂食障害(拒食症・過食症)の治療論
(3)病気の心を遮断する


摂食障害(拒食症・過食症)の治療成功のポイント
1、個人での体重測定を止める
2、嘔吐を止める
3、3食を取る 
 ・3食摂取のポイント
 .摂食障害治療の課題を乗り越え成功に導くポイント
 「病気の心」を読み、その行動を先読みする

 ・摂食障害治療が困難なときのチェックポイント
   @治療者に情熱と覚悟があったか?

   A治療条件を変える
4、間食を禁止する
5、その他、運動禁止・薬物治療について


★摂食障害(拒食症・過食症)の治療論
(4)パーソナリティに基づく心の問題に修正をかける


患者さんを絶対的に受け入れることの大切さと治療のゴール
パーソナリティに基づく心の問題に修正をかける治療のタイミング

摂食障害のパンフレットに対する感想・コメントなど

★摂食障害のパンフレット・無料レポートダウンロードについて

★ 質疑応答

************************************

泉和秀先生の原稿が以下のブログでも読めます:

★心の病について考えよう!
摂食障害(拒食症・過食症)うつ・鬱病などの克服


★うつ病(鬱病)の対処法
posted by ちーひめ at 23:19 | Comment(6) | コンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。