摂食障害:体重増加への恐怖の対処法:入退院を繰り返していますが治りません。

質問 by もえさん:

私は7年間も摂食障害に苦しんでいます。
何度も入退院を繰り返していますが、
全く回復しません。

入院中は点滴やエンシュアで
ある程度は体重も回復するのですが、
退院後は再び20キロ台をキープしようと
食事制限(絶食、チューイング、嘔吐)を
繰り返してしまいます。

低体重の恐ろしさは理解出来ても、
やはり体重増加が恐怖で回復の兆しがありません。

少しでも回復のきっかけになるような
ヒントやコメントが欲しくて
メール相談させて頂きました。

私自身も意味の無い痩せ願望から逃れたいのですが、
自分の力だけではやはり抜け出せませんね。

数々の心療内科、精神科に通院しましたが、
回復傾向が表れないので宜しくお願いします。


泉先生のお答え:

いつもいつも食事や体重のことに囚われ、
本当に大変な日々かと思います。

そんな中にあっても、
何とかしたいという思いを持って、ご質問いただき、
ありがとうございます。

もえさんの症状、からだの状態からすると、
かなり厳しい状態だと思います。

しかし、これだけの状態でありながら、
治したいという思いをもって質問される
その思いの力は、とてもすごいと思います。

普通、これだけの症状とからだの状態だと
病気の心に支配されていて、
わかっていたとしてもなかなか治そうとする思いを、
このように表現できないものです。

これだけの思いを表現できるということは、
少なくとも心の面では良くなってきていると
言っていいと思います。

きっと長年、苦しまれてきた中から、
自ら成長し、掴んだものなのでしょうね。

さて、こうした場合、あと少し、
自分を後押ししてサポートしてくれる治療者がいて、
治療に臨む環境があれば、脱出できる可能性を
十分に秘めているような気がするのですが、
それがままならないのが現状だと思います。

その中で、もしトライできるなら、
行ってみてほしいことは、
パンフレットにも書かれている通り、

・ 体重測定を止めること
・ 今ちょうどサイズがあっているスカートや
  ズボンを売るか捨てるかして、もう一回り
  大きなものを買って着用することです。

何よりも、病気の心を最も強めるのは、
体重の数値であり、
ウエストで感じる体の感覚です。

もし、これが出来れば、非常にすごい前進です。
本当にすごいです。

他のことは全くしなくてかまいません。
まず、これだけやってみることが出来ればと思います。


posted by ちーひめ at 09:21 | Comment(1) | 質疑応答
この記事へのコメント
同じ質問を2回も投稿してしまって申し訳ありませんでした。
多忙な先生からの返答をありがたく読ませて頂きました。
体重測定はなるべく止めてみます。
私はチューイング生活からも抜け出せなくて苦しんでいます。
入院中はストップ出来るのに、退院後はやはり1日中チューイングしてしまいます。
チューイングをストップさせるにはどうしたらいいのでしょうか?
抜け出すようなアドバイスがあれば宜しくお願いします。
Posted by もえ at 2007年08月08日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。