コンテンツ:摂食障害を理解するために:拒食症・過食症が治る方法

以下は、このブログのコンテンツです。
興味がおありのところをクリックしてくださいね。

★摂食障害(拒食症・過食症)とは何か

摂食障害とは、どんな病気なのでしょうか?

拒食症(神経性無食欲症)とは、どのような病気なのでしょうか?
・拒食症の条件@病的なやせ・病的な痩せの判断基準
・拒食症の条件A肥満恐怖・やせ願望
・拒食症の条件Bボディイメージの歪み(ゆがみ)
・拒食症の条件C生理がなくなる


過食症(神経性大食症)とは、どのような病気なのでしょうか?

・過食症の条件@押さえられない過食衝動と過食
・過食症の条件AとB肥満恐怖・自分に課す体重制限と不適切な問題行動

摂食障害(拒食症・過食症)は治るのか?
・摂食障害(拒食症・過食症)治療の性質
・摂食障害(拒食症・過食症)は治さないといけないのか?
・摂食障害(拒食症・過食症)の高い死亡率と、死亡する理由
・摂食障害(拒食症・過食症)の身体への影響
・摂食障害(拒食症・過食症)の心へ及ぼす影響・精神的な問題

★摂食障害(拒食症・過食症)の原因

摂食障害の原因:なぜ、拒食症になったのか?
・拒食症の原因@親の育て方が理由か?
・拒食症の原因A社会やマスコミの影響
・拒食症の原因B性格の問題・人格の未熟さ

過食症の原因@体の問題
・過食症の原因A心の問題

★摂食障害(拒食症・過食症)の子供に関わる親・家族の心構え

摂食障害(拒食症・過食症)の子供に関わる家族の心構えのポイント
・摂食障害(拒食症・過食症)の子供とどう接するか@摂食障害を理解する
・摂食障害(拒食症・過食症)の子供とどう接するかA心にゆとりを持つ

★摂食障害(拒食症・過食症)における3つの心:
病気の心、パーソナリティの問題に基づく心、本当の自分の心

摂食障害(拒食症・過食症)の人の心を理解するための視点
・ダイヤモンドの心を引き出す事が治療の本質:
 摂食障害(拒食症・過食症)患者さんの「本当の自分の心」


摂食障害(拒食症・過食症)患者さんの「病気の心」が問題な理由
@ボディイメージの歪み:摂食障害患者さんの病気の心
A肥満恐怖から生まれてくる思い:摂食障害患者さんの病気の心
B摂食障害(拒食症・過食症)患者さんの病気の心と身体の関係
・飢餓状態の第1段階(ナチュラルハイ) 
・飢餓状態の第2段階(病的な思考が強まる
・飢餓状態の第3段階(異常を自覚する) 
・拒食症のときのおなかの感覚(空腹感・満腹感の機能麻痺)
・湖面の波紋の原理:拒食症における食事全量摂取の大切さ

本当の自分の心 VS 病気の心:摂食障害(拒食症・過食症)
・摂食障害の娘の「病気の心」に対して母親は何を言えばいいか

自己否定の心:摂食障害における「パーソナリティの問題に基づく心」 
・自立への不安:摂食障害における「パーソナリティの問題に基づく心」 

★摂食障害(拒食症・過食症)が治るとはどういうことか

摂食障害(拒食症・過食症)が治るとはどういうことか?:摂食障害治療のゴール

@生命的な危機を回避する:摂食障害治療の第1段階
A体重を回復させ、健康な身体を取り戻す:摂食障害治療の第2段階
B拒食・過食・嘔吐などの食行動異常をなくす:摂食障害治療の第3段階
C摂食障害の病気の心性をなくす:摂食障害治療の第4段階
D摂食障害につながったパーソナリティの心の問題を修正する:摂食障害治療の第5段階

★摂食障害(拒食症・過食症)の治療論
(1)心理教育


摂食障害治療論の段階的取り組みの意義:全く新しい治療法

・心理教育で摂食障害治療への動機付けを与え、治療への希望を与える

 ・心理教育のポイント@論理性
 ・心理教育のポイントA情熱

★摂食障害(拒食症・過食症)の治療論
(2)ダイヤモンドの心を信じる


治療の前提条件:ダイヤモンドの心を信じる
治療者自身が自分の絶望と戦うこと

★摂食障害(拒食症・過食症)の治療論
(3)病気の心を遮断する


摂食障害(拒食症・過食症)の治療成功のポイント
1、個人での体重測定を止める
2、嘔吐を止める
3、3食を取る 
 ・3食摂取のポイント
 .摂食障害治療の課題を乗り越え成功に導くポイント
 「病気の心」を読み、その行動を先読みする

 ・摂食障害治療が困難なときのチェックポイント
   @治療者に情熱と覚悟があったか?

   A治療条件を変える
4、間食を禁止する
5、その他、運動禁止・薬物治療について


★摂食障害(拒食症・過食症)の治療論
(4)パーソナリティに基づく心の問題に修正をかける


患者さんを絶対的に受け入れることの大切さと治療のゴール
パーソナリティに基づく心の問題に修正をかける治療のタイミング

摂食障害のパンフレットに対する感想・コメントなど

★摂食障害のパンフレット・無料レポートダウンロードについて

★ 質疑応答

************************************

泉和秀先生の原稿が以下のブログでも読めます:

★心の病について考えよう!
摂食障害(拒食症・過食症)うつ・鬱病などの克服


★うつ病(鬱病)の対処法


posted by ちーひめ at 23:19 | Comment(6) | コンテンツ
この記事へのコメント
私は7年間も摂食障害に苦しんでいます。何度も入退院を繰り返していますが、全く回復しません。入院中は点滴やエンシュアである程度は体重も回復するのですが、退院後は再び20キロ台をキープしようと食事制限(絶食、チューイング、嘔吐)を繰り返してしまいます。低体重の恐ろしさは理解出来ても、やはり体重増加が恐怖で回復の兆しがありません。少しでも回復のきっかけになるようなヒントやコメントが欲しくてメール相談させて頂きました。私自信も意味の無い痩せ願望から逃れたいのですが、自分の力だけではやはり抜け出せませんね。数々の心療内科、精神科に通院しましたが、回復傾向が表れないので宜しくお願いします。
Posted by もえ at 2007年07月30日 10:05
私は今大学4年生で一人暮らしをしています。高校の頃に初めたダイエットがきっかけで数年前から摂食障害になり、今は158センチで38キロになってます。今の症状としては自発性嘔吐がとまりません。
昼間はあまり嘔吐することもないのですが毎晩、夜ご飯のときには少し食べては吐いてを延々と繰り返します。病気を治そうとちゃんと食べるように心がけ初めて1ヶ月ほどたっていて、朝昼食は300+400kcalほどの食事をして嘔吐もしていません。したくても我慢するようにしています。ただ夜になるとどうしてもダメで、過食はしないのですが何かを食べたら吐く、というサイクルから抜け出せずにいます。それから、外食などでいつもよりも多く食事をしてしまったら毎回確実に吐いています。最近吐くことがくせになり、やめようと思いつつもやめられなくなっています。
病院には通っていません。自分で治せると思っているから一度言った精神科もそれっきりで行かなくなりました。
太ったほうがいいって思いながらも、どこかでこのままでいたいって思う自分がいるんだと思います。今、私はどうしたらよいのか正直わからずに毎日過ごしています。
何か、アドバイスがいただけたらと思います。よろしくお願いします。
Posted by こなゆき at 2007年10月17日 13:53
娘は拒食症で大学病院の精神科へ通院していました。ダイエットがきっかけでしたが、勉強などのストレスが原因だと思います。医師はただ「たべなさい!」と脅すだけで心の治療はいっさいなし。娘は先生からもストレスを感じ34kgまで落ちましたが、入院は標準体重の半分の27kgにならないとだめとのことでしした。
水以外ほとんど口に出来なくなってしまい、死んでしまうのではないか、怖くなりました。
偶然、心と身体を同時に治療してくれる摂食障害専門の病院がアメリカにあることを見つけ、少しでも体力があるうちにと考え、早速入院させてもらいました。

女の子ばかり20名ほどが入院している病院です。心理学の専門医が主治医となり、週4回カウンセリングがあり、他に精神科医、栄養士が毎日サポートしてくれます。
夜は15分ごとに看護士が病室をチェックして見回ってくれます。
高校も併設されていて単位も取得できます。
週2回ほどドクターから治療の進み具合の報告が電話であります。また、こちらからの質問にも24時間いつでも答えてもらえるので、遠く離れていても安心感があります。
治療内容には大変満足しています。

日本にもこのようなシステムの摂食障害専門病院が出来る事を強く希望します。
そしてつらく苦しんでいる患者さんが一日も早く回復されます事を心からお祈り申し上げます。
Posted by ゆき at 2008年09月01日 20:35
私は小さい頃から走ることが好きで大学はもっと上のレベルに挑戦したいと思い、親元から離れ、関東の大学に進学しました。
指導者と合わず、走ることがだんだん楽しくなくなってきました。
太ったら走れなくなると言われ続け、怪我して走れない時は食事制限をする生活。
体重が増えること=嫌、と考えるようになりあまり食べないうえに嘔吐する日々。
高校の時、身長166cm、体重53kくらいだったのが、大学2年生の冬には40kを切る体重になっていました。
医者からもう部活を辞めろと言われ部活から離れ、一人暮らしが始まりました。
すると、これまで食べるのをよしていたパン、お菓子類を大量に食べるようななりました。
しかし、まだ太りたくないというのが自分のなかにあり嘔吐する日々。
もう二年以上、こんな生活をしています。
Posted by あんしげ at 2008年09月24日 18:31
10代の男です

多分ストレスが原因で過食症になりました。毎日家から人がいなくなると食べ物をあさって食べてはいています。下水が嘔吐のせいでおかしくなっています。誰にも言ってませんしこれからも言いたくはありませんBMIは19から20くらいの普通体型です。太りたくはありません。以前のような普通の生活に戻りたいです。これ以上家族に迷惑をかけたくはありません。一言でもアドバイスをいただけたらとおもいます。
Posted by Aa at 2009年12月06日 05:15
 4月に高校に入学する娘についてです。
塾に行くのに、お弁当を私に作らせず、自分で作り始めました。そのころから体重を測ったり、Wiiで運動し始めました。手がかからないくらいに思っていたのですが、最近では夕食を食べず、朝は自分で作って決まったものを食べています。生野菜と海藻サラダなどです。夕食が始まると「お腹がすいてないからお風呂に入る」と、長めのお風呂に入り、結局夕ご飯は食べません。「一緒に食べよう」と誘っても「本当にお腹がすいてないから」と、拒否です。学校が休みの日はおじやをゆっくり時間をかけて食べていますが、一食だけです。水はたくさん飲んでいます。
高校も推薦で決まり、本当に手のかからない子だと思っていましたが、こういう状態になり、心配で夜も寝られない状態です。
 私がしなければならないことはなんでしょうか?そして、今やっていることが精神的な病気の危険がある、と気がついてもらいたいのですが、どうしたらいいでしょうか?
 父親は「ダイエットしたいんじゃない?」と、夕ご飯を食べなくなって心配だということを相談してもあっさりして答えます。本当に深刻な問題ではないのでしょうか?考えすぎなのでしょうか?どこに相談してよいのかわからずに、ここに書き込みをしてしましました。アドバイスがいただけたら、と思います。
Posted by 心配で寝れない母親 at 2010年03月01日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。