C拒食症のときのおなかの感覚(空腹感・満腹感の機能麻痺)

普通に考えれば、痩せて飢餓状態になると、
おなかが減るだろうと思います。

しかし、拒食症になると、
空腹感と満腹感の機能が麻痺しています。
つまり、本当のおなかの感覚を感じることが出来ません。

「おなかがいっぱいになった」とか言っても、
それは、拒食症によって引き起こされた病的な思考が
そのように感じさせているだけです。

実際、胃の中は殆ど空っぽで、
まだまだ食べることが出来ます。

治療において、病気のときに感じる空腹感や
満腹感に騙されてはなりません。

病気のときには、「おなかで食べる」のではなく、
「頭で食べる」ことが重要なポイントです。


この記事へのコメント
相談なんですが、私は最近拒食症でした
だいぶなおったんですが
最近食べる感覚がおかしくって
お腹いっぱいなのに
吐きそうなのに食べてしまいます。
実際は吐かないんですが
お腹いっぱいなのになんで
私食べてるの?と思ってもとめられません

これってどうなんですかね?
Posted by る〜 at 2009年09月25日 22:17
睡眠障害と、拒食症でした。心労から来ていて、治ったのですが、今、新たに心労が加わり、過食症になってるのでは?16キロ痩せて、今は12キロ太って元に戻りました。
今、お腹いっぱいなのに食べたくて仕方がないです。先生に言ったら、無理に痩せようとしないことです。と言われ、まずは問題を抱えてるのを解消につとめましょう。と言われました。
Posted by okura at 2010年03月03日 07:05
睡眠障害と、拒食症でした。心労から来ていて、治ったのですが、今、新たに心労が加わり、過食症になってるのでは?16キロ痩せて、今は12キロ太って元に戻りました。
今、お腹いっぱいなのに食べたくて仕方がないです。先生に言ったら、無理に痩せようとしないことです。と言われ、まずは問題を抱えてるのを解消につとめましょう。と言われました。
Posted by okura at 2010年03月03日 07:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。