A肥満恐怖から生まれてくる思い:摂食障害(拒食症・過食症)患者さんの病気の心

これがあるために、
摂食障害(拒食症・過食症)の患者さんたちは
様々な病的な問題行動を惹き起こします。

・食べられない

・親の作るメニューにしきりに注文をつける

・過剰な運動をする

・周りがそれらを制止するなら、うまくごまかし嘘をつく

(密かにご飯を捨てる、散歩に行くといって走り回る
などの過剰な運動をする、本当は食べたいという欲求があるから
隠れてお菓子などを食べる、そのために盗みをする、
体重測定をする直前に大量の水を飲むなど)

・本当は食べたいという欲求があるから、
料理番組や料理の本ばかり見て、料理に異様な関心を示す

・自分の代わりに家族らに食べることを強要する



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。