摂食障害(拒食症・過食症)の子供に関わる家族の心構えのポイント

摂食障害(拒食症・過食症)の子供に関わる家族の
心構えのポイントは、

『摂食障害を理解し、心に余裕を持つ』

ことです。

もし、これができれば、暗闇の中に陥った子どもに光をもたらし、
病気を治すことに大きく役立つことが出来ます。


この記事へのコメント
去年の夏、娘を拒食で死なせるところでした。今も大きな病院の小児科に入院中ですが、12月ごろ復活しかけたのに、2月から急に食が細くなり、また体重が落ちています。今は12歳なのに、永久歯がぐらついてきているようです。主人は、中学三年間は入院で、と言いますが、私はとりかえしのつかない後遺症が、と思ってしまいます。精神科的フォローはありません。今の病院でいいかどうか・・・。
Posted by autumn at 2007年05月31日 08:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31873731

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。