摂食障害の原因:過食症の原因@体の問題

過食症には、2つのパターンがあります。

ひとつはからだの問題からくる過食、
ひとつは心の問題からくる過食、
この両方が重なっていることもありますが、
このような2つのパターンがあります。

1.からだの問題からくる過食

これは拒食症の反動としての過食です。

わかりやすく述べるなら、
拒食症になってガリガリにやせてしまうと、
からだは栄養不足の状態になります。

すると、脳の中にある空腹中枢、
満腹中枢といった摂食中枢からは、
「栄養不足だから、もっともっと食べなさい。
栄養を早く補給しなさい」というサインが出ているわけです。

しかし、一方で、脳の表面意識からは、
やせによる病的な思考で支配されているため、
「もし少しでも食べたなら、ブクブク太るぞ。
太ると、みんなから見捨てられるぞ」
というような声が出ているわけです。

そんなふうに本当は身体は食べることを求めているのに、
そのサインが抑えられているわけです。

それが多くの場合、
菓子類や清涼飲料水などの間食をきっかけとして、
摂食中枢からの食べたいというサインが、
脳の表面意識からの食べるなと言う声に打ち勝ち、
突然に、過食が始まるのです。

この場合、長く食べることを我慢してきた反動で、
意志の力による抑えは、全く利かなくなります。


この記事へのコメント
泉先生、初めまして。
縁あって摂食障害を真剣にみつめている者です。
すばらしいサイトに巡りあって感動しました。一人でも多くの方にこのサイトを読んで欲しいと心からそう思いました。
ところで、質問があります。私もこの病気で苦しんでいる方に少しでもお役に立てればとHPを運営しております。そこでは先生と同じように身体の問題と心の問題を切り離して考えているのですが、身体の問題の一つとして、物質依存としての側面があるという説を採用しています。私なりに解釈して「セロトニン兄弟の話」として比喩表現しているのですが、医学的に見てこの説はどうなのかということがずっと気になっておりました。
素人が生半可な知識で余計な情報発信をするなと叱られそうではありますが、泉先生なら私のような者にも向き合っていただけるかも知れないと意を決して投稿いたしました。
ご多忙中恐れ入りますが、ご教示いただければ幸甚です。
Posted by sarahati at 2007年07月15日 19:13
Sarahatiさま、

泉先生がお返事を書いてくださったら
すぐにサイトにアップしますので
少々お待ちくださいね。

コメント、有難うございました。

ちーひめ
Posted by ちーひめ at 2007年07月20日 01:13
泉先生、ちーひめさん、回答ありがとうございました。
回答をいただくまでの丁寧な対応にも「流石」って思います。(ちーひめさんが私の処にわざわざ書き込んでいただいたのにはびっくりしました。)深謝いたします。
Posted by sarahati at 2007年07月25日 21:58
スミマセン、「深謝」って言葉は意味が違うような・・・。
Posted by sarahati at 2007年07月25日 22:03
はじめまして。HANAと申します。
質問があります。
私は20年以上、過食嘔吐を繰り返しております。入院中はカロリー計算されており、バランスの良い食事という事で毎食、完食。過食嘔吐もなく5ヶ月を過ごしました。
退院して、自分で食事を選ぶ、作る事の難しさを痛感しています。
体重は平均体重に至っておらず(160cm 41s)泉先生のお話を読んで、何でも選ばず食べ、目標体重まで・・・と思っています。
普段の生活で、一回分、一人分の食事の目安や食事の摂り方に、何か良い方法があればアドバイス頂きたいのですが・・・。
よろしくお願いいたします。
Posted by HANA at 2007年07月31日 08:25
はじめまして。HANAと申します。
質問があります。
私は20年以上、過食嘔吐を繰り返しております。入院中はカロリー計算されており、バランスの良い食事という事で毎食、完食。過食嘔吐もなく5ヶ月を過ごしました。
退院して、自分で食事を選ぶ、作る事の難しさを痛感しています。
体重は平均体重に至っておらず(160cm 41s)泉先生のお話を読んで、何でも選ばず食べ、目標体重まで・・・と思っています。
普段の生活で、一回分、一人分の食事の目安や食事の摂り方に、何か良い方法があればアドバイス頂きたいのですが・・・。
よろしくお願いいたします。
Posted by HANA at 2007年07月31日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。