拒食症の条件C生理がなくなる

健康的な体重を維持できず、
@にあるような水準を遥かに下回って病的にやせると
生理が止まってしまいます。

つまり、
“ホルモンの異常をきたし、からだに異常をきたすほどにやせる”
ということが異常であり、
病気であることのひとつの証明となります。

拒食症の人は、
「だって、他の人だってダイエットしてるじゃない?」って言います。

けれど、普通の人はダイエットにトライしても、
すぐに挫折したり、ダイエットをしていると言いながら、
ケーキを頬張っていたりするものです。

例え、ある程度ダイエットに成功したとしても、
やはりそれは健康な体重の範囲までにとどめています。
それが生理が止まるレベルにまで体重が下がるのは、
殆どの場合、やはり何らかの心の問題が奥にあるからです。

それは、心の問題が身体に表れた拒食症という病気なのです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。