拒食症の条件@病的なやせ

病的なやせというのは、
期待される体重の85%以下の体重になることを言います。

例えば、

身長170cmであれば、体重54kg以下
身長160cmであれば、体重46kg以下
身長150cmであれば、体重43kg以下

が、ひとつの目安です。

ただ実際は、モデルさんらの体型を見ればわかるように、
これ以上にやせていても、健康な人はいます。

では、どのような人が拒食症なのでしょうか。

こうしたやせが、拒食症かどうかを診断するためには、
A〜Cに示されるような
『心の問題があるかどうか』
『身体的に健康かどうか』
ということが、大事なポイントです。

これらに問題があると、拒食症という病気として診断されるわけです。

−標準体重と病的なやせ−

標準体重というのは、簡易式の計算法で、以下のように算出します。

身長が160cm以上:(身長−100)×0.9
身長が150cm以上160cm未満:50+(身長−150)×0.4
身長が150cm未満:身長−100

上記の病的なやせかどうかの目安は、
この計算式で標準体重を算出し、
その標準体重の85%の体重があるかどうかをみてください。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31872360

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。