拒食症のことで母とは言い争いばかり。自分で拒食症を治したい

質問 by HARURUさん:


拒食症を治したいと思って踏み出しました。

最近本当に前向きに考えていて、自分一人で考えたり、
お医者さんと話したり、友人に相談しているときは
本当に治りそうで前向きな気分になるのですが、
母親と話したとたん−の事ばかりでてきて

(例:「こんな量ふやしてたべただけじゃなにもかわらない」
と言われ、本当に悲しかったです。)

そのたびに挫折しそうになります。
食べたくなくなります。

今までも母親とは病気のことで言い争いばかりで
一度も気持ちをまともに話し合えたことはなく、
気持ちは伝えられません。

いつもその前に話をたちきられたり、大喧嘩になるからです。
もう母親に頼りたくありません。

まわりの他の人のサポートと自力でなおしたいです。
それは可能でしょうか?

母親ははっきりと
「拒食を母親のせいにするな。よく本に書いてあるけど
あんたはほんの影響うけすぎ。母親、家族のせいと思うな。
あんたがなおすきにならないとなおらない。
あんた自身のもんだい。母のせいにしないで。」と私に言いました。

母も治療に協力する気はないみたいです。
自力でなおしたいんです。治りますか?


泉和秀先生のお答え:

本当に治したいと思うのであれば治る可能性はあると思います。

ただ自分だけの力で治すのは一般的には奇跡に近いトライであり、
正しい方向に導いてくれる人の協力が必要かと思います。

またそうした環境の影響を
自分の心の中でどこまで排除出来るかも大きなポイントだと思います。



posted by ちーひめ at 06:56 | Comment(1) | 質疑応答
この記事へのコメント
残酷。
答えになってないと思いました。
もう来ません。
Posted by まえかわ at 2011年03月02日 08:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。