摂食障害の娘が母親の自分を責める:全てお母さんのせい

質問 by ひかりさん

娘は以前元カレの憎しみが消えませんでしたが、今その矛先は母親である私に向いています。食べて太ったのは母さんのせい。食べ物が家にあるからと言い、リストカットをしてすぐに病院に行こうと言っても嫌がっていかず今化膿し叔母に説得され行った所肉が盛り上がって普通には縫合出来なく形成手術になり、こんなになる前に無理矢理連れて行けばよかったのにと母さんがほっておくからと又私のせい。娘の心は完全に歪みもうどうする事も出来ないのでしょうか。毎日責められ精神的に持ちません。かと言って片時も私から離れる事が出来ず母親依存みたいです。母さん先に死なないでよって言うんです。正直離れる事がいいのかとも思うのですがどうしたらいいのかどう離れたらいいのか分かりません。


泉和秀先生のお答え:

筆舌に尽くし難い思いかと思われます。

どのようなアプローチもすぐに効果をもたらすものではないと思いますが、まずはお母さんの気持ちを正直に話すのがよいのではないかと思います。

「お母さんとしてはね、本当はずっとあなたの幸せを願っている。

あなたのためにできることはしてあげたいと思っている。

けれどね、あなた自身がそうであるように、お母さん自身だって出来ることと出来ないことがある。

確かにお母さんのせいということもあったかもしれないけれど、正直ね、それをいくら言われてもお母さん自身がぼろぼろで何もできないの。

あなたがお母さんに死なないでほしいと思ってくれていて一緒に頑張ろうと思ってくれるのなら、もうお互いに責めるのはやめましょう。

だって、責め合ったってお互いにぼろぼろになって幸せにはなれないからね。

あなたが幸せになるために、お母さん自身も幸せになるために、できることから治療に取り組んでいこう。

ひとつずつであっても課題を乗り越えるたびに必ず良くなると思うし、幸せに一歩近づいていくと思うからね」

こんなふうに子供のことを思いつつも正直に話してみられるのがよいのではないかなと思います。

posted by ちーひめ at 20:37 | Comment(0) | 質疑応答

過食嘔吐・食べ物依存を治したい・信頼できる精神科医にかかっています

質問 BY らもさん:

わたしは、過食嘔吐11年目の27歳です。
標準体重の90%ぐらいなので、身体的には重症ではないと思います。
ただ、精神的にと言うと・・・ 食べること意外に楽しみを見出せず、自由な時間は過食嘔吐に費やしています。

食事は、3食食べて嘔吐しています。半年前に社会復帰して、平日の昼間は仕事をしているので、お昼は普通の量を食べて吐いています。朝と夜、それにお休みの日は、ほとんどの時間を食べることと吐くことに費やしています。食べることが、唯一の楽しみであり、時間のつぶし方であるように思います。

仕事をできるようになり、食費を稼げるようになったので、美味しくたくさん食べて、それで幸せだと思っている時期もありました。しかし、ふっと、自分の幸せって何なのかな?と思い、疑問を感じ初めていた頃に、このブログを見て、もっといろいろなことをしたい!と強く思うようになりました。

過食が習慣で、精神的依存が大きい場合、どのように対処したら良いのでしょうか?

嘔吐をしないというのが、第一ステップなのでしょうが、一旦食事を始めると際限なく食べてしまい、その状態で嘔吐しないというのは、ちょっと考えられません。昨年の年末に嘔吐をやめることに挑戦して、2ヶ月で20キロ太って耐え難い思いをしました。今は、元に戻りなんとか外にでられるようになっています。嘔吐していても、完全に吐けていないようで、体重の減少は止まっています。

家で常に食べているので、家族との折り合いが悪く、何も手伝いもしないで、人をいたわったり、優しく接することができない自分が嫌です。
過食嘔吐がとまり、自由になる時間があれば、もっといろいろなことができるのでは?と思いはじめています。

このままの状態で、人生を終わらせたくないのです。アドバイスお願いします。

ちなみに、大学病院の摂食障害専門外来に2年以上通っており、信頼できる先生がいます。


泉和秀先生のお答え:

信頼できる先生がおられるのであれば、この質問はその先生にするべきものです。

私が答えることはできますが、今の先生に信頼を寄せておられるのに、それとは違ったことを答えた場合、混乱することになりかねません。

例えて言うなら、らもさんの治療がある山の頂上を目指す治療だったとしましょう。

その信頼できる先生は正面から山を登る道をらもさんに伝え、私は横から登る道をらもさんに伝えたとします。

いずれも頂上につながる道だったとしても、その過程において道はそれぞれに違います。

この場合、らもさん自身がどちらから行けばいいか迷い、どっちとらずになってしまうとかえって何も進めなくなってしまいます。

ですから、今登っている道がよいと思われるのであれば、その道案内をしてくれる先生に訊ねるのがよいと思います。

私が答えるのはその先生の示す道がどうも頂上からずれていたり、いつまで経っても頂上にたどり着かない道案内をしていたりする時だと思います。

そのように感じるとき、またご質問いただければと思います。
posted by ちーひめ at 20:57 | Comment(0) | 質疑応答
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。