過食嘔吐を止める:体重が増える恐怖から解き放たれるには?

質問 by maruさん:
 
過食嘔吐をやめようと決心して、2週間です。
当然体重が増えています。

152pです。41sから、今、45sあります。

すごく怖くなってきました。

どうしたらこの呪縛から解き放たれるのでしょうか。
だれか、教えてください。

毎日毎日恐怖です。

泉先生のお答え:

身長からすれば、現在は健康範囲内の体重ですね。

過食・嘔吐を止めようとして
体重が増えてきたということですが、
もともとの体重が低すぎたので、
今のところは全く大丈夫です。

不安なのはこれからでしょうが、
今後の体重や病気の回復を左右するのは、
現在の食事量です。

まず、間食はしていませんか。

間食をしていると、健康範囲内を超えて、
体重が増える可能性があります。

次に、3食の食事は摂っていますか?
それならOKです。

ただ食事量は例えば、
周りの家族と同じ量を食べていますか?

周りに比べてもあまりに多いと
体重が増えるのは当然ですが、この場合は
いずれ食事量が普通レベルになって、
体重も止まる可能性が高いと思います。

適切な食事を摂っている限り、
必ず体重は健康範囲内で止まります。

今は一時的に増えていると思いますが、
これからの数週間から1ヶ月が最も重要なところで、
耐えるところです。

その際、今後のポイントは
上記のようなところにあると思います。
posted by ちーひめ at 08:46 | Comment(5) | 質疑応答

摂食障害過食症:受験失敗引きこもり万引き過食嘔吐の娘との関わり方で悩んでいます

質問 by あおいそらさん

あおいそらの娘は、
摂食障害を患って2年ほどたちます。

大学受験は失敗。
ある時期はほとんど引きこもり状態。

毎日毎日、過食嘔吐をし続けています。

出かけるのはコンビニとスーパー。
そこで万引き。

何度も警察のお世話になりました。
その都度、号泣して「もうしません。」と。

あおいそらは、
そんな娘とどう係わっていけば良いのかわからず、
精魂疲れ果てました。

母娘の仲はとても良かったはずなのに。
どうしてこんなふうになってしまったんだろう。。。

最近は、死んでしまいたいと、
そのことばかり考えております。


泉先生のお答え:


あおいそらさん、
娘さんがそのような状況になられて、
全ての力が身体から抜けるような思いに
駆られるかもしれません。

一体、どうすればいいのか、何も見えないですものね。

けれど、死ぬくらいの思いがあれば、
過食・嘔吐を治せる可能性はあります。

詳しくお話を聞かないと、
どこから関わればいいのか
的確なことは申し上げることは出来ませんが、
こうしたときには課題をひとつずつ
順番に取り組むことが大事です。

何かひとつ課題を絞り込み、
その間はほかのことは出来なくていいとして、
そのひとつの課題だけを見つめて取り組んでいくのです。

例えばですね、この場合、
万引きを止めるということを
最初の課題にしてもよいかもしれません。

本人の「もうしません」という思いは
ある意味、本当の思いだと思うのです。

けれども、病気の自分が過食したいがために、
また万引きをさせてしまうのです。

ですから、
娘さんのこの本当の自分とお話しすることです。

具体的には、

「あなたも過食・嘔吐して、
本当にどうすればいいかわからず、しんどいよね。

思わず万引きもしてしまうし、
そんな自分が嫌になってしまっているんじゃないのかな。

でもね、あなたがどんなに自分のことを嫌だと思っても、
あなたの中にはダイヤモンドのように輝く心があるの。

そのダイヤモンドの心の力を引き出せば、
きっとこんな過食・嘔吐して、
自己嫌悪してしまう世界から抜け出して、
きっと楽しく幸せな生き方が出来るようになるわ。

だから、大変かもしれないけどね、
一緒に頑張っていこう。

まずはね、全部何とかしようと思ってはダメよ。

何事も順番があって、
順番通りにやっていけばよくなるからね。

あなたの場合、まずは
自分をコントロールする力をつけないといけない。

過食だって、嘔吐だって、
万引きすることだってみんなそう。

自分をコントロールできなくて、
やってしまっているよね。

だから、この自己コントロール力をつけるために、
万引きを止めることからやってみない?

これは犯罪にもなって人にも迷惑をかけてしまうし、
あなた自身も最も辛いところだと思うの。

だから、これからやってみましょう。

万引きするのは、過食する食べ物がほしいからよね。

もしそうであるなら、一緒に相談して
過食するために使うお金を
1日いくらまでにするかを決めましょう。

もちろん、過食には賛成してはいないわよ。

けれど、過食をやめる前に
万引きを止めることが大事なことだからね。

万引きを止めるために、
一日に過食のために使うお金を決めて、
それ以上は絶対に使わない、
食べないということを出来るようにしましょう」


このようなことを話してみて、
娘さんに金額を決めてもらうことです。

その場合、おそらくは
本当に使いたい金額より少なめに言ってくる可能性が
高いと思います。

ですから、娘さんの言ってきた金額に対しては、

「そう。じゃあ、そうする?

でも、本当はその金額では苦しいんじゃないの?

本当に出来る?

本当に出来るかな?

一応ね、あなたは○○円って言ったけれど、
○○+α円にしたらどう?」

このように話して、
少し心に余裕を持たせてあげるのです。

そして、いざ金額を決めたら、

「本当に大変かもしれないけれど、
自分で決めたことだし、
自分で決めて自分でやることで、
自己コントロール力がつくからね。

まずは1週間、やってみましょう。

そして3週間出来たら、大分、
自分でコントロールする力がついたってことになるからね。

やってみましょう」

こんなふうに話してあげてトライするとよいかなと思います。

金銭的な問題は、実際、
家計のこともあるので限界があるでしょうが、
その場合はこれ以上になると
借金しないといけなくなるから出来ないと
正直に伝えるとよいかと思います。

けれど、何とかできる範囲であれば、
治療代と思って投資することも必要かと思います。

ひとつの例えを挙げましたので、
ピントがずれていたかもしれません。

ただ治る道はまだあるということを、
少しでも感じていただければと思います。
posted by ちーひめ at 09:48 | Comment(2) | 質疑応答

摂食障害・過食嘔吐:体重の変動に動揺します

質問 by maruさん


ご丁寧なご返答をありがとうございます。

急激な変化は、
少しずつ止まり始めている気がしますが、
やはり、怖いのです。

今までが低体重過ぎたことは頭では理解できても、
洋服が合わなくなったり、街ですごく細い方を見ると、
とても不安になってきたりします。

また、1週間の内、
月曜日から金曜日までには、
体重が44sを切るのですが、
どうしても土日に食べ過ぎるわけでもないのに、
45sぐらいまで増えてしまって、
一体どれが安定した数値なのか、
まだまだ数字に左右されます。

間食は、過食嘔吐の時と比べて、断然落ちました。
何しろ、お財布の中が5日間変わらないのが証拠です。

もう少しの辛抱ですか・・・?


泉先生のお答え:


治療論のところでも書いていると思いますが、
まずは毎日の体重測定を止めることです。

毎日であれば、ちょっと水分を多くとった、
ちょっと便秘になったなどで体重は変動するものです。

そうした変動に右往左往していること自体が、
病気の心を強めてしまいます。

実際、そうですよね。

本当に病気から脱するためには、
その心を治さないといけないですから、
体重測定は一週間に一度、
同じ時間帯に測るようにしてください。

そして、右往左往する時間を
出来る限り少なくしてください。

次に、maruさんの身長は何cmでしょう?

160cm以上あるようなら、
この体重では低すぎるくらいです。

150cm程度で、ちょうど平均的な体重です。

ですから、
この数値に拘る気持ちはわかりますが、
そこに病気の心があり、
もう少し増えても十分に大丈夫なんだということを
まずは頭で理解し、このまま経過を見ることです。

絶対に大丈夫。

Maruさんは太り過ぎではありません。

おそらくはまだかなり痩せているレベルです。

ある程度、食事療法による経過は順調です。

あとは、その病気の心に打ち勝って、
自然と体重が止まるのを待つことです。

決して自分でコントロールしてはいけません。

どうしても怖いなら、体重測定を止めて、
やや大きめの服を着るようにして
過ごしてみるのもひとつの方法です。


ちーひめ注:

maruさんの前回の質疑応答の内容は
以下のところで読めます。

過食嘔吐を止める:体重が増える恐怖から解き放たれるには?

posted by ちーひめ at 11:00 | Comment(0) | 質疑応答
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。