摂食障害とは、どんな病気なのでしょうか?

摂食障害には、主には、2つのタイプがあります。

「拒食症(神経性無食欲症、神経性食思不振症)」
「過食症(神経性大食症、神経性過食症)」

もちろん、これらの定義を満たさない
典型的でない摂食障害もあります。

拒食症(神経性無食欲症)とは、どのような病気なのでしょうか?

次の4つの条件が当てはまるものが、
「拒食症(神経性無食欲症)」と言われます。

@ 病的なやせ
A ボディイメージの歪み(ゆがみ)
B 肥満恐怖・やせ願望
C 生理がなくなる

では、これから、
それぞれ具体的にはどのようなことなのか、
説明していきましょう。

拒食症の条件@病的なやせ

病的なやせというのは、
期待される体重の85%以下の体重になることを言います。

例えば、

身長170cmであれば、体重54kg以下
身長160cmであれば、体重46kg以下
身長150cmであれば、体重43kg以下

が、ひとつの目安です。

ただ実際は、モデルさんらの体型を見ればわかるように、
これ以上にやせていても、健康な人はいます。

では、どのような人が拒食症なのでしょうか。

こうしたやせが、拒食症かどうかを診断するためには、
A〜Cに示されるような
『心の問題があるかどうか』
『身体的に健康かどうか』
ということが、大事なポイントです。

これらに問題があると、拒食症という病気として診断されるわけです。

−標準体重と病的なやせ−

標準体重というのは、簡易式の計算法で、以下のように算出します。

身長が160cm以上:(身長−100)×0.9
身長が150cm以上160cm未満:50+(身長−150)×0.4
身長が150cm未満:身長−100

上記の病的なやせかどうかの目安は、
この計算式で標準体重を算出し、
その標準体重の85%の体重があるかどうかをみてください。

拒食症の条件A肥満恐怖・やせ願望

これは理屈ではありません。

とにかくやせたい、体重が増えることが怖い。
100gでも増えれば、
その後、永遠に増え続けて自分はブタみたいになると思い込み、
一方、2kgくらい減ってもまだまだと思ってしまう、
そんな心です。

この肥満恐怖というものが怖いのは、
例えば、体重が20kgくらいになり、
これ以上やせると死んでしまうというほどにやせても、
体重が増えることへの恐怖感に脅かされて、
さらにやせようと試み、ときには本当に死んでしまうからです。

拒食症の人には、このような肥満恐怖・やせ願望という
非常に怖い心があります。

拒食症の条件Bボディイメージの歪み(ゆがみ)

これは、肋骨が浮いて
骸骨(がいこつ)のようにガリガリにやせていても、
「私は太っている」「他の人の方がずっとやせている」
と思いこんでしまうことです。

とても不思議で、とても怖いのですが、
やせればやせるほどに、ますます太っていると思い込み、
体重が回復すればするほどに、
やせているかどうかが気にならなくなるのです。
これが病気の心なのです。

ボディイメージの歪みというのは、
一言で言えば、まさに目が歪んでしまって、
“凸型の鏡に映る自分の姿”
を本当の自分だと思い込んでいるようなものです。

いくら他人の体型と比較したデータを示すなどして、
やせ過ぎていることを証明しても、目が歪み、心までが歪み、
「自分は騙されているに違いない」などと思い込み、
こちらの話を信じることが出来ないのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。